脇毛を剃ると脇汗の量は増える?

脇毛を剃るのはワキガ対策としてとても有効です。脇毛にはニオイを溜めて凝縮し、強くする働きがあるため、とりあえず剃っておくだけでもワキガ臭を大幅に減らすことができます。

 

しかし、脇毛を剃ることで汗の量が増えてしまうと感じる人もいるようです。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

汗を吸収するものがなくなったため

冒頭でも紹介しましたが、脇毛の働きの一つに、ニオイを強くするというものがあります。この働きというのは、脇汗を吸収し、凝縮し、ニオイを外に出すという流れで行われます。

 

⇒ワキガと脇毛の関係

 

つまり、脇毛が汗を吸収しているんですね。脇毛を剃ったり抜いたりすると、汗を吸収する脇毛がなくなってしまうため、脇汗がタラタラーっと肌を伝って流れてしまうんです。

 

脇毛があると、肌を流れるように脇汗が出ることもありませんから、体感的に脇汗の量が増えたと感じてしまうんですね。

 

また、脇毛に染み込んだ汗はすぐに流れず、ほとんどが乾燥します。脇毛に吸収できないほどの量の汗が出た時だけジワっと汗が流れる構造になっているんですね。

 

ということは、脇毛を剃ると、脇毛に備わっている乾燥機能が無くなってしまうわけですから、当然、脇汗は乾きにくくなってしまいます。

 

実際の脇汗の量は変わらない

結論は、脇毛を剃っても脇汗の量に変わりはありません。脇汗の量が増えたと感じるだけなので、実際には増えてはいないんですね。増えたというよりも、「脇汗のストッパーがなくなり、そのまま流れるようになった」というのが正しいです。

 

とはいえ、脇毛を剃ることで脇汗が乾燥しにくくなったり、服に汗ジミができやすくなるので、それだけは注意しなければなりません。

 

汗脇パッドが女性用ばかりなのも脇毛が関係しています。女性は脇毛を処理するのが当たり前になっているため、脇毛が生えている男性に比べて脇汗が衣服に染みやすいんですね。なので、汗脇パッドも女性用ばかりなんです。

 

⇒汗脇パッドってワキガに効果あるの?ニオイを防ぐことはできる?

 

剃らないと臭うし、剃ると汗が・・・

私は、ワキガ臭を予防する方法として脇毛を剃るのには大賛成です。しかし、グレーの服を着れば汗ジミがすぐに目立ってしまいますし、腕を上げると脇に汗ジミが・・・。というのはとても恥ずかしいですよね。

 

やはり、ワキガでニオイに悩まされているのであれば、腋毛を剃って強力なワキガ用クリームを使うのが一番だと思います。私も数々のデオドラントを使って試して、脇毛の処理についても色々考えました。結局、腋毛を剃ってクリームを使うのが一番良い選択でした。

 

⇒私が使っているワキガ用デオドラント「ノアンデ」のレビュー

 

脇毛を剃ることでデオドラントクリームがしっかりと肌に吸着するため、ニオイの予防効果もアップしますし、毛穴にしっかりとクリームが塗布できるので、脇汗の量もちゃんと減ります。

 

デオドラントクリームを使う前提なら、脇毛は剃ったほうが良い!

デオドラントクリームを使うなら、脇毛は剃るのが望ましいでしょう。

 

  • デオドラントクリームが塗りやすくなる
  • 肌にしっかり密着する
  • 汗をしっかり防ぐことができる
  • 効き目がアップする(持続時間)

 

などのメリットがあります。脇毛を剃ることでデオドラントの効き目がアップし、より効果的にワキガ臭を防ぐことができます。また、脇毛を生やしながらデオドラントを使うよりも、脇毛を剃ってからデオドラントを使うほうが、脇汗の量も少なくなります。

 

脇毛を切るのもアリかも

男性の場合、脇毛を全部剃るのは結構勇気がいるものです。海やプール、彼女と温泉旅行・・・。裸にならなくとも、シャツからチラっと脇が見えた時に、毛が一切生えてなかったら恥ずかしいですよね。

 

脇毛を剃るのはちょっと・・・。という人は、切るのもアリだと思います。剃るよりも消臭効果は薄くなってしまいますが、伸ばしきったままよりも清潔ですし、デオドラントクリームの乗りも良くなります。脇汗の流れ落ち防止も少しは期待できます。

 

脇毛を剃っている男性はまだまだそこまで多くないものの、ある程度処理している男性はものすごく増えています。むしろ、脇毛の処理は多少なりともやっておくのがマナーと考える人も少なくありません。

 

脇毛処理+デオドラントはやればやるほど効果が期待できるので、最低でも切る、できれば剃るというのが最も望ましいでしょう。