ワキガを防ぐなら覚えておいたほうが良いポイント

ワキガ体質の人は、日頃から体臭には気を使っていると思います。外部に漏れないように厚着したり、デオドラントクリームを塗ったり、体臭に良いものを食べたりと、人一倍体臭を予防に時間を割いているはずです。

 

ですが、あまり効果が無いという人も多いのではないでしょうか?デオドラントの効き目がすぐに切れてしまったり、厚着しても臭いが気になったりすると思います。

 

そういう人は、基本的なことができていないと考えられます。なぜワキガが強くなってしまうのか、どこから臭っているのか、何をすれば良いのかが分かっておらず、何となく体臭対策をしたような気持ちになっているんですね。

 

そういう人はまず、4つのポイントに気をつけてみましょう。

 

  • 脇毛は剃ったほうが良い
  • 衣服が臭いの元になる
  • 過剰なケアは禁物
  • わきが用クリームを使う

 

脇毛は剃ったほうが良い

ワキガと脇毛の関係でも詳しく話していますが、脇毛は臭いを強くする性質があります。普通の人は特に気にならない程度かもしれませんが、ワキガの場合は別です。

 

ワキガの場合、脇をしっかり洗っても脇毛に臭いが染み付きます。デオドラントクリームを使っても同じです。脇毛は臭いを溜め込む働きもありますから、洗っただけでは臭いはなかなか落ちてくれません。

 

女性の場合は脇の永久脱毛をしたり、定期的に剃っていると思うのでそこまで気にならないかもしれません。しかし、男性の場合は放っておく人も多いと思います。ワキガ臭が強くて悩んでいる人は、定期的に脇毛を剃るようにしましょう。

 

ワキガの人の脇毛は臭いやすい

ワキガ体質の人は、普通の人に比べて脇毛の量が多く、太くて濃い傾向があります。これはアポクリン汗腺の発達などが関係しているためです。

 

濃くて太い脇毛は臭いを強くする働きも活発なので、普通の人よりも臭いやすいです。

 

脇毛を剃る効果は想像以上に大きいです。脇毛を伸ばせば伸ばすほど臭いが染み付いていくので、毎日剃らなくても良いので定期的に剃るようにしたほうが良いです。

 

デオドラントクリームを使っている場合は、毎日剃ったほうが良いでしょう。脇毛が生えていると肌にクリームが密着しないので、デオドラントの効き目も半分以下になってしまいます。

 

デオドラントクリームを使って実験したことがあるのですが、脇毛を生やした場合はデオドラントの効き目が半日も持たなかったのに対し、脇毛を剃った場合では2日間も効果が持続しました。

 

衣類が臭いの元になる

意外と見落としがちなのが服です。先ほど脇毛が臭いを溜めると書きましたが、服も臭いを強くする原因になります。

 

脇毛と同じように服も汗や菌を吸い取り、臭いを強くしますから、できればこまめに着替えたほうが良いです。ですがそれは難しいと思うので、服に吹きかけて使うタイプのデオドラントスプレーがあるので、これを使うと良いでしょう。

 

ワキガ体質の人は服が黄ばんでしまいますが、その黄ばみが臭いの証拠です。黄ばみが強ければ強いほど、その服から発生する臭いも強い傾向があるので、こまめに汗を拭き取ったり、デオドラントで汗を抑えて服に汗が染み込まないようにしましょう。

 

脇汗パッドも無意味

普通の人は、暑い時期などに汗ジミが抑えられるので効果的ですが、ワキガの場合は脇汗パッドに臭いが染み付いてしまうので、ニオイ防止効果はありません。

 

多汗症の場合もあまり効果はありませんね。汗の量が多いですから、脇汗パッドが吸い取れる量を超えてしまい、すぐに服まで浸透してしまいます。

 

過剰なケアは禁物

ワキガ臭を外部に漏らさないために、毎日過剰なケアをしてしまい人がいます。この記事を読んでいる人の中にも、デオドラントクリームをたっぷり塗ったり、1時間に1回スプレーし直すという人は必ずいるはずです。

 

体臭を漏らさないためにケアすることは大切ですが、やりすぎると逆に臭いが強くなってしまうので注意しましょう。

 

肌荒れ

脇の下は荒れやすい部位で、刺激にとても弱いです。市販のデオドラントクリームやスプレーをつけすぎると、肌がガサガサになって皮脂が増えてしまいます。

 

皮脂はワキガの原因になりますし、最近の繁殖を促してしまいます。

 

お風呂でゴシゴシ洗うのも禁物です。脇の下が傷つくと肌を修復するために皮脂が増え、同じように臭いが強くなる危険性がありますので、軽く洗い流すような感じで丁寧に洗浄しましょう。

 

気にしすぎると汗が増える

過剰なケアをするということは、それだけワキガを気にしているということです。1時間に1回スプレーする人は、1時間に1回ワキガのことを考えているということですよね。

 

このように、毎日何度も何度もワキガのことを気にするようになると、自然と脇汗の量が増えてしまうんです。脇汗が増えれば当然臭いは強くなりますし、デオドラントも流れ落ちてしまうため、効き目も低下します。

 

ではどうすればいいのかというと、効き目が長持ちするデオドラントクリームを使うしかありません。朝に塗って夜まで効果が持続するデオドラントクリームを使えば、日中はワキガのことを気にしなくなりますよね。

 

すると、精神的なストレスが抑えられるため、汗の量も減っていき、段々ワキガ臭が弱くなっていきます。つまり、少量のデオドラントでも効果が長続きするようになるんですね。

 

⇒ストレスを解消するとワキガ臭も大幅に軽減する

 

わきが用クリームを使う

みなさんはどんなデオドラントを使っていますか?スティックタイプやスプレータイプ、ジェル、クリームなど色々ありますが、おそらくほとんどの人が、薬局で購入したものだと思います。

 

実は、市販のデオドラントは、わきが用のデオドラントに比べて効き目が弱いんです。市販と通販のデオドラントの違いで詳しく解説していますが、ワキガの人はわきが用のクリームを使うのが望ましいです。

 

薬局で売られているデオドラントは基本的に、普通の人向けに作られています。運動後の汗臭さを抑えたり、スプレーして瞬時に体を冷やすようなものが中心です。

 

これはワキガにあまり効果的ではありません。ワキガ臭を予防するには、脇の常在菌を殺菌し、汗を抑える必要があります。市販のデオドラントはこれができないので、ワキガの人が使ってもすぐに臭ってしまいます。

 

おすすめはクリームタイプ

また、市販のデオドラントはスプレータイプが中心ですが、スプレーは汗で流れやすく、服で擦れると簡単に落ちてしまいます。これも臭いやすい理由の一つです。

 

ジェルタイプも乾きにくいので簡単に落ちてしまいますから、あまりおすすめできません。

 

朝塗って1日中効果が続くのは、クリームタイプのデオドラントです。クリームなら肌に密着しますし、汗にも強く、すぐに渇きますので服に当たって落ちる心配もありません。

 

私はたくさんのデオドラントを試してきましたが、やはりクリームタイプのデオドラントは効き目が段違いでした。正しい使い方をすれば臭いが外部に漏れることはまずありませんから、是非試してみてください。

 

⇒私がオススメする人気No1のワキガ用デオドラントクリーム