わきが本人は臭いに気付きにくい

電車などでワキガの人と会った時「どうしてあの人あんなにクサイのに気付かないんだろう」と思ったことはありませんか?

 

実は自分のワキガに気付かない人って結構いるんですよね。

 

ワキガじゃない人からすると、「あんなにクサイのに気付かないって嗅覚がおかしいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は誰にでも備わっている嗅覚のある特性が原因で、自分のワキガ臭に気が付かないんです。

 

嗅覚の疲労

自分のワキガに気付かないのは、嗅覚の疲労というものが原因です。

 

  • 友人の家に入ると、その家特有の匂いがする
  • すれ違う人の洗剤の良い香りがする
  • ペットを飼っている人の家でペット臭さを感じる

 

誰でもこういった経験をしたことがあると思います。他にも、洗剤を変えたばかりの時はいつも以上に強い香りを感じますよね。これも嗅覚の疲労です。

 

嗅覚の疲労とは、同じニオイを嗅ぎ続けることで嗅覚が慣れてしまい、ニオイとして感じられなくなることです。部屋に染み付いたタバコ臭さやペット臭さを住んでいる本人が感じられないのも嗅覚の疲労のためです。

 

ワキガも例外ではなく、嗅覚の疲労が関係しています。ワキガ本人は昔から自分のワキガ臭を嗅ぎ続けているため、いつの間にか特別な臭いとして扱われなくなっているんですね。

 

嗅覚が慣れてしまったものを改めて感じるのはとても難しいです。あなたが今自宅にいるなら、息を吸ってみてください。家のニオイを感じることはできますか?おそらくですが、ほとんどの人が無臭だと思います。

 

なぜ嗅覚が疲労するのか

嗅覚の疲労は、言い換えると嗅覚に慣れるということです。なぜ慣れるのかというと、人間の感情はニオイに左右されることも少なくないからです。

 

今回のワキガを例にしてみると、毎日毎日ワキガのニオイを感じてたら臭くてたまらないですよね。毎日のようにワキガ臭に反応していると、イライラしてストレスが溜まってしまい、体に悪影響です。

 

そこで登場するのが嗅覚の疲労です。嗅覚が慣れることで、毎日感じている不快なニオイを無臭として扱えるようになるんですね。

 

しかし、この嗅覚の疲労にはデメリットもあります。それが今回の「ワキガに気付かない」です。

 

ワキガ臭は思春期頃から強くなっていきますが、ある日突然臭うようになるわけではなく、徐々にニオイが強くなっていきます。そのため、嗅覚が疲労しやすく、ワキガになっても気付けないというわけです。

 

じゃあどうやってワキガに気付けばいいの?

ワキガに気付く場面はいくつかありますが、自分で気付くにはやはりセルフチェックが有効だと思います。

 

⇒ワキガ体質を簡単に判断するセルフチェック方法

 

ただ、セルフチェックをするということは、ワキガかも?と思っていることになりますよね。なので、自分がワキガだと思っていない人がワキガを気付くには、誰かに指摘されるしか無いと思います。

 

もし、身近な人がワキガに気付けていないなら、指摘してあげるのも優しさかもしれません。本人は傷つくかもしれませんが、嫌な顔をせず親身に相談に乗ってあげれば本人も楽になると思いますし、信頼関係も向上すると思います。

 

⇒わきがの指摘の仕方が分からない

 

ワキガ家系の人は、子供に「あなたはワキガ家系にあるから、おとなになったらワキガになるかもしれない」と教えてあげるのがとても重要です。

 

子供の頃からしっかりとデオドラントを使うようになれば大人になって周りに迷惑をかけることもありませんし、誰かに指摘される可能性も減りますよね。