ワキガは遺伝以外では起こりにくい

親や兄弟がワキガじゃないのに自分だけワキガになってしまうことがあるのですが、これは家族が臭わないワキガ体質か、おじいちゃんやおばあちゃんのワキガが隔世遺伝したことが考えられます。

 

ワキガは脇に存在するアポクリン汗腺が原因ですが、このアポクリン汗腺の量は遺伝します。ワキガは優性遺伝ですので、両親のどちらかがワキガ体質なら、その子供は50%の確率でワキガ体質を遺伝します。(両親共にワキガなら80%以上の確率で遺伝)

 

今回は逆に両親がワキガじゃないのに子がワキガになったケースですが、これは気付いていないだけで親のどちらかがワキガ体質を持っていた可能性が非常に高いです。

 

気付いていないというのは、臭っているけど鼻が悪くて気付かなかったという意味ではありません。たくさんのアポクリン汗腺を持っているけど臭いが発生しなかったということです。

 

親がほとんど臭わないワキガでも、子供のワキガは臭う可能性は十分にあります。運動不足や不規則な食生活などで汗腺の働きが活発になり、アポクリン汗腺からニオイの元となる汗がたくさん分泌されるようになるとワキガになってしまうんですね。

 

つまり、親のワキガの強弱はほとんど子供には関係ないんですね。親よりも臭わないワキガかもしれませんし、親よりも臭うワキガかもしれません。臭いのタイプも違えば、全く臭わないこともあるんです。

 

ワキガ体質にも色々な違いがあります。人によって臭いの強弱が違います。

 

ワキガの隔世遺伝について

ワキガは隔世遺伝します。隔世遺伝とは、祖父や祖母から遺伝することです。親はワキガじゃないのに自分がワキガになってしまったら、隔世遺伝も疑いましょう。

 

隔世遺伝の場合も普通のワキガと同じように、耳垢が湿ったり服の脇の部分が黄色くなったりします。

 

ワキガで悩んでいる中高生の方へ

今ワキガで悩んでいる中高生の方の中には、親に相談しても「両親共にワキガじゃないんだから気にしすぎだ」と言われたことがある人もいると思います。そういう人は1度、祖父や祖母がワキガじゃなかったか調べてみてください。

 

もしかしたら隔世遺伝しているかもしれません。そういうときは、おじいちゃんやおばあちゃんに相談するのもいいと思います。

 

ただ、年代的に体臭を気にしない時代だった可能性があるので、「ワキガがなんだ、放っておけ」と言われるかもしれません。そうなったらちゃんとした病院で検査してもらったほうがいいでしょう。

 

わきが手術専門のクリニックに行けば、手術が必要なほどのワキガかどうかを調べてもらえます。専門の医師なのでちゃんとしたアドバイスももらえるので、ご両親に相談してみましょう。

 

本当に自分だけがワキガになる可能性

両親共にワキガではない、隔世遺伝もない、なのにワキガになってしまうということも極稀にあります。

 

強いストレスを受け続けたり、脂っこいものばかり食べていると、ワキガ体質でないにも関わらずワキガ臭を発することがあります。これは突然変異でもなんでもなく、様々な要因が重なって汗腺が肥大化するためです。

 

普通の人にもアポクリン腺は存在しているので当然といえば当然です。ただ、こういった例は本当に珍しく、ほとんどの人は脂っこいものを食べたからといってワキガになったりはしません。

 

⇒ワキガを強める酒とタバコ

 

ですが、普通の人よりも少しだけアポクリン汗腺の量が多かったり、人よりも少しだけアポクリン汗腺のサイズが大きい場合、ちょっとしたことが引き金になってワキガになってしまうことがあるので注意してください。