ワキガを強くする食べ物と弱くする食べ物

ワキガは食生活で変化すると言われています。強いワキガの人が食生活を見直すだけで弱くなったり、ほとんど臭わないぐらい弱いワキガ体質の人が暴飲暴食をすると、悪化して強いニオイになることもあります。

 

ワキガの根本治療は手術をするしかありませんが、臭わないようにするだけなら、食生活の改善も非常に有効です。

 

アポクリン汗腺がなくなるわけではない

一つ注意して欲しいのが、食生活を改善したからといってアポクリン汗腺が無くなるわけではないということです。

 

アポクリン汗腺は生まれつき決まった個数が人それぞれに備わっているものなので、食事を変えたからといって増えたり少なくなったりはしないんですね。

 

食生活を改善するとワキガも弱くなる理由は、汗腺そのものの大きさが変わるからです。不摂生な食生活は汗腺を刺激し、どんどん成長させてしまいます。すると、アポクリン汗腺から分泌される汗の臭いが強くなるだけでなく、汗の量も増えてしまいます。

 

なので、食生活やストレス発散をして、アポクリン汗腺が大きくならないようにする必要があるんですね。効果は人それぞれですが、人によってはデオドラントを使わなくても臭わないほどまでに改善したケースもあるので、馬鹿にできないですよね。

 

肉や乳製品はワキガ臭を強くする

まずはワキガ臭を強くする食べ物の紹介です。

 

  • 肉類
  • 脂・油
  • チーズなどの乳製品
  • 刺激の強い香辛料

 

肉や乳製品
脂っこいものやチーズやバターといった乳製品は体臭を強くする働きがあります。アポクリン汗腺を刺激し、ひとつひとつの汗腺の働きを活発化させてしまうんですね。

 

乳製品というと、甘いものも注意が必要です。ケーキやクッキーなどの洋菓子には大量の砂糖やバターが含まれており、これらも体臭を強くする原因になります。

 

また、肉や脂は消化されにくいため、腸内で発酵して強い臭いを発生させます。野菜をほとんど食べない人の便やオナラが臭いのはこのためです。肉ばかり食べているとワキガだけでなく体全体の体臭が臭くなってしまうんですね。

 

刺激の強い食べ物
キムチや激辛カレーといった辛いものや、ニンニクやニラといった香りの強い食べ物も体臭を強くする原因になります。

 

特にニラやニンニクは口臭を強くするため控える人も多いと思いますが、こういった食べ物はワキガにも影響するんですね。辛い食べ物を食べると汗をかくので健康に良いと思いがちですが、実はアポクリン汗腺を刺激するので良くない食べ物です。

 

抗酸化作用で体の酸化を防ぐ

上記の体臭を強くする食べ物は、体内の血液を酸性に傾ける性質があります。健康な人は弱アルカリ性です。

 

酸性に傾くと、病気になりやすくなったりするのですが、体臭を作る原因にもなるんですね。

 

抗酸化作用という言葉を聞いたことがあると思いますが、ビタミンを多く含む野菜や果物には体の酸化を防ぐ働きがあります。

 

  • バナナ
  • カボチャ
  • ニンジン
  • キャベツ
  • 大豆
  • 緑茶

 

こういった食べ物や飲み物には抗酸化作用が含まれています。他にもたくさんありますので、積極的に食べるようにしましょう。

 

特にバナナは朝食やおやつとして摂取しやすいだけでなく、抗酸化作用が最も高い食べ物なので、毎日食べてもOKです。

 

アルカリ性の食品を食べよう

体の酸性を防ぐために、アルカリ性の食べ物を摂取するのも有効です。

 

  • 梅干し
  • ワカメなどの海藻類
  • ほうれんそう

 

などの食品が有名です。特に梅干しは抗菌力もあってニオイ予防にはとても効果的です。

 

ただし、アルカリ性の食品をひたすら食べればいいのかというとそうではありません。体が酸性に傾くのをアルカリ性の食品で抑えるという考え方なので、食べ過ぎると今度はアルカリ性に傾きすぎてしまいます。

 

肉を食べたときは一緒に梅干しも食べるなどして、体の酸化を防ぐようにしましょう。

 

肉類を食べるときは、腸内環境を整えるようなものと一緒に食べるのも効果的です。

 

特にこんにゃくは食物繊維のグルコマンナンが豊富で、排泄をスムーズに行えるように促してくれます。消化されにくいお肉と一緒に食べることで、腸内での発酵を防ぎ、体臭を予防することができます。