思春期になると体臭が強くなる

中学生や高校生などの成長期は、男の子も女の子も体臭が強くなります。これは成長期特有のニオイで、代謝が活発になり、皮脂や汗など臭いの原因になるものが沢山分泌されるようになります。

 

その証拠に、思春期はニキビが多くなりますよね。これも皮脂の量が増えたり、ホルモンバランスが乱れている証拠です。私も昔はニキビが多い方だったのですが、今では綺麗さっぱりなくなってツルツルの肌です。

 

特にケアはしていませんでしたが、年齢とともに減っていきましたね。体臭も同じで、成長期を終えると少しずつ臭いは薄くなっていきます。

 

また、思春期に突入すると臭いに敏感になるので、自分の体臭が今まで以上に気になるんですよね。

 

  • 好きな人に嫌われたくない
  • 友達にクサイと思われたくない
  • あの人いっつも変な臭いがするけど、私も同じ臭いじゃないよね?

 

と悩み始めるのもこの時期からではないでしょうか。

 

わきがは思春期から始まる

わきがは体の成長と共に発症します。生まれつき体臭が強い子はほとんどいません。なぜなら、ワキガの原因であるアポクリン汗腺がまだ活動しないからです。

 

思春期になると体に変化が現れ、今まで活動していなかったアポクリン汗腺が活動を始めます。

 

わきがの臭いが強くなるのもここからです。同じ人のワキガでも、中学生や高校生のワキガは臭いが強い傾向にあります。

 

これは先程も書いたように、代謝が活発になるからです。汗の量が増えるので、それだけ臭いもキツくなってしまいます。

 

思春期特有の体臭とワキガの見分け方

いきなり体臭が強くなったら、もしかしてワキガ!?と悩んでしまうと思います。しかし、体が臭うからといって必ずワキガであるとは限りません。

 

  • 制服のワイシャツの脇の部分が黄ばむ
  • 体操服が黒くカビる(ゴマのように黒い点々が大量に染み付く)

 

このような症状があればワキガかもしれません。

 

⇒ワキガのセルフチェック

 

ワイシャツや体操服が黄ばむ

ワキガの典型的な症状が黄ばみです。脇の汗腺から分泌される皮脂や色素が服に染み付き、服が黄色くなってしまいます。

 

特に白地の服だと分かりやすいですね。うっすらと黄ばんでいることもあれば、ガッツリ黄色くなることもあります。

 

普通の汗でも黄ばむことがありますが、普通の汗の場合は黄ばみ部分の境目がはっきりしていません。一方ワキガの場合、境目がものすごくはっきりしているので、どこからどこまでが黄ばんでいるのかがすぐに分かります。

 

体操服が黒くカビる

普通の人でも衣服が黒くカビることはありますが、ワキガの人の場合はカビの量がものすごく多いです。

 

ワキガの汗(アポクリン汗)は普通の汗に比べて栄養が豊富です。皮脂タンパク質など、普通の汗からは分泌されないようなものが分泌されるのですが、これが菌の繁殖の原因になります。

 

そのため、汗をかいたシャツや体操着を1日〜2日放置するだけですぐにカビてしまうんですね。

 

わきがかも!これからどうすればいいの?

わきがかもしれないと思ったら、ワキガのセルフチェックも試してみてください。こちらは思春期の臭いに関係なく、どれぐらい重度のワキガなのかが分かるチェックです。

 

軽度のワキガなら体質改善で臭いを気にならないレベルまで薄くすることが可能ですし、中度ならデオドラントで簡単に対策できます。重度のワキガになってしまうと、手術が必要になるかもしれませんが、臭いを消す方法は絶対にあるので安心してください。

 

思春期は臭いに敏感になるため、大人からすればただの臭いでも、子供からすればとても重大で深刻な悩みなんですよね。一人で悩まず、しっかりとした対策法を知り、家族に協力してもらってワキガを克服しましょう。