わきがを弱くする生活習慣について

わきがは生活改善で弱くすることができます。デオドラントを塗っても効かない人は、ワキガが強くなりやすい生活を送っている可能性が考えられるので、デオドラントを使いながら生活改善も行なっていきましょう。

 

そもそもワキガの臭いを強くする原因は色々あります。よく言われるのは食生活ですが、それ以外にも汗腺の機能低下やストレスがあるので、これらを取り除くような生活をしていくのが望ましいです。

 

⇒ワキガを抑える食べ物はある?

 

同じワキガでも人によって臭いに差がありますが、生活習慣の違いも大きく関係しているんですね。普段から健康に悪い生活をしている人は、健康に良い生活をしている人に比べて臭いが強い傾向があります。

 

汗腺の機能を高める

まず皆さんに行なってもらいたいのが汗腺の機能を高めるトレーニングです。現代人は夏場に暑ければ冷房をつけ、夏場は暖房を入れるというのが当たり前になっていますが、これが汗腺の機能を低下させています。

 

最近、ワキガの人以外でも体臭が気になる人が増えているのですが、(ワキガの人の数も増えていますが、)それは汗腺機能の低下が原因です。

 

暑い夏に汗をかかず、寒い冬に汗をかくという不規則な発汗により、汗腺の機能が衰えてしまうんですね。特に夏場のエアコンは汗腺を著しく低下させるので注意しましょう。

 

汗を流す

汗腺トレーニングの基本は汗を流すことです。半身浴や運動など、健康的な汗がかければどんな方法でも構いません。

 

汗は溜まれば溜まるほど臭いが強くなり、ネバっとしたものになってしまうので、新陳代謝を高め、サラサラした汗を積極的にかけるようになると、体臭も弱くなっていきます。

 

良い汗とはサラサラしている汗のことで、発汗すると流れていきます。悪い汗は発汗しても流れずいつまでも肌にくっついています。エアコンをつかいすぎるとベタっとした汗をかきやすくなります。

 

また、暖房で部屋が暑くなると汗をかきますが、この時の汗もジトっとしたものが多いです。汗腺が衰えていれば衰えているほど質の悪い汗が出やすくなるので、日頃から運動や半身浴、サウナなどで汗をかくようにしましょう。

 

手足高温浴

汗腺トレーニングといえば高温浴が有名です。湯船の中にバスチェアを入れ、バスチェアが浸からないぐらい(20cmぐらい)まで熱いお湯を入れて、
手足だけ入れます。

 

手足の先は血液が滞りやく冷えやすいので、、末端を温めるのが非常に効果的です。末端を温めて数分すると、背中などから汗が出てきます。これが良い汗です。

 

最初は汗腺機能が低下しているため、汗の出がよくないかもしれませんが、毎日続けると1か月後ぐらいには汗腺の機能がアップしてより多くの汗をかけるようになります。

 

汗が全身から出たら、お湯を足して少しぬるめにし、全身浴に切り替えます。これを毎日行いましょう。毎日できない人は2日に1回でも構いません。とにかく続けることが大切なので、途中で諦めないように工夫してみてください。

 

汗腺機能がアップすることで、嫌な臭いの汗の分泌を減らすことができます。アポクリン汗腺の数は変わりませんが、そこから分泌される汗の量が減ると、相対的に臭いも抑えられます。

 

ここでお風呂の入り方に関する注意点ですが、脇の臭いを抑えるために石鹸でゴシゴシこするのは悪影響なのでやめたほうがいいです。

 

肌荒れの原因になりますし、肌が荒れるとそれを修復するために皮脂がたくさん分泌され、臭いに繋がります。

 

ワキガを気にしすぎない

ワキガを気にしすぎると、ストレスで汗をかくようになります。ストレスの汗は悪い汗で、ネバネバしていて臭いやすいです。

 

  • 周りの人にワキガ臭がばれてないかな?
  • 隣に座っている人が咳をしたけど私のワキガのせいかな?

 

こんな風に思っている人はできるだけ考えないほうがいいです。

 

自己臭症の危険性

ワキガの人に多い関連した病気の一つに自己臭症(自臭症・自己臭恐怖症)というものがあります。自己臭症とは、自分の臭いを気にしすぎて、周りから臭いと思われていると思い込んでしまう精神病の一つです。

 

上記の例では、「隣に座っている人が咳をしたけど私のワキガのせいかな?」というのが自己臭症に近いですね。この場合、実際には風邪かもしれませんし、たまたま喉に唾液が引っかかっただけかもしれませんよね。どちらにせよ普通の人はあまり気にしないと思います。

 

しかし、自己臭症になると、「今隣の人が咳をしたのは絶対に自分が臭いからだ!」と決めつけてしまうんですね。

 

自己臭症は酷くなると統合失調症になる場合もありますし、自殺に発展するケースもあります。

 

自律神経失調症

同じように、気にし過ぎると自律神経のバランスも乱れます。自律神経失調症という病気は現代病と呼ばれるものの一つなのですが、ワキガのせいで自律神経失調症になる場合があります。

 

ワキガを気にし過ぎるとストレスが溜まり、自律神経のバランスが乱れます。すると、暑くないのに汗をかいたり、常に動悸が激しくなって汗をかくようになってしまいます。

 

汗が増えるとデオドラントの効き目も悪くなりますし、ストレスによる汗は悪い汗なので、臭いも強くなります。

 

ワキガを気にしないためには?

ワキガを気にしないためには、やはり確実にワキガを抑えるしかありません。そのためにも、効き目の確実なデオドラントが必須です。

 

効き目が薄いデオドラントだと臭いが漏れてしまう可能性がありますし、何度も塗り直さなければならないので、どうしてもワキガの事を考えてしまいます。

 

そこでオススメなのが効き目の良いデオドラントです。少し高価ですが、朝1回塗るだけで持続するので精神的にはとても楽です。ワキガのことを気にせず生活できているのはデオドラントクリームのおかげだと思います。

 

毎日何度も何度も塗り直すのが嫌な人や、周りの人にワキガがバレたくない人は試してみてください。

 

⇒わきが用デオドラントの選び方

 

できるだけ汗をかかないようにする

最初に私は「汗腺を鍛えて良い汗をかけるようにしましょう」と書きましたが、今度は真逆です。

 

コーヒーやタバコが大好きな人は、少し控えたほうがいいかもしれません。カフェインやニコチンは汗腺を刺激し、発汗を促すため、汗が出やすくなります。

 

汗腺が刺激されて汗が増えると、デオドラントが汗で流れてしまったり、臭いが全体に拡散されてしまうので、発汗の原因になるものは控えたほうがいいです。同じ理由でキムチや唐辛子などの辛いものもできるだけ控えたほうがいいですね。

 

また、これらの食べ物は体臭が強くなる食べ物なので、ワキガを弱くしたい人は厳禁です。

 

汗をいっぱい流して汗腺を鍛えたほうがいいんじゃないの?

良い汗をかけるようになることと、日頃から汗っかきなのは違う話です。健康な汗をかけるようになったからといって、常に汗をかいていればデオドラントクリームが流れやすくなってしまいますし、ワキガ臭が拡散しやすくなるので良くないですよね。

 

汗をかくときは良い汗をかく。汗をかかなくてもいい場面ではかかないというように、メリハリが大事です。

 

汗腺トレーニングを行うと、ある程度は汗のかきやすさに変化が現れます。いつもは10分ぐらい歩いたら汗がダラダラ流れていたのが、30分歩いてもそんなに汗をかかないというように、過剰な発汗が抑えられるんですね。

 

なので、汗腺トレーニングを行なっている人は、自然と汗対策もできることになります。さらにカフェインなどは摂取しないようにすれば、それだけ効果的なワキガ対策に繋がるので、どちらも実践するのがいいと思います。