妊娠・出産によるホルモンバランスの変化でワキガになる

妊娠や出産によってホルモンバランスが乱れると、ある日突然ワキガ臭を発することがあります。ショックを受けるかもしれませんが、このように突然ワキガになる人は元々ワキガになる可能性を秘めていたと考えられます。

 

なぜそんなことが分かるのかというと、クサイ汗を分泌するアポクリン汗腺は、生まれつき数が決まっているからです。アポクリン汗腺の量が少なければ、ホルモンバランスが乱れても脇のニオイはそこまで強くなりません。

 

一方アポクリン汗腺の量が多いと、今回のケースのように体臭が突然強くなってしまいます。つまり、妊娠や出産が原因で体臭が強くなった場合、普通の人よりもアポクリン汗腺が多い=ワキガ体質と言えるんです。

 

アポクリン汗腺は、ホルモンバランスの乱れ以外でも活発化することがあります。妊娠すると母乳が作られるので胸が張りますが、この時に乳腺が汗腺を刺激し、ワキガ臭に繋がるという説もあります。

 

まずは、ワキガになる可能性があったかどうかを調べるため、ワキガチェック方法を試してみてください。これに当てはまるようならほぼ確実にワキガ体質です。

 

ワキガチェックに引っかからなかったんだけど?

チェックに引っかからなくても、ワキガになる可能性は十分にあり得ます。胸の張りが原因の場合、刺激されるのは脇のアポクリン汗腺なので、耳垢が湿ることはありませんよね。

 

家族にワキガ臭を発する人がいない場合でも同じです。両親のワキガがたまたま弱かっただけで、アポクリン汗腺は存在している可能性は考えられますし、若いころの悪い食生活が原因でアポクリン汗腺が親よりも発達していたとも考えられます。

 

元に戻るケースと戻らないケース

妊娠や出産によるワキガは、一定期間が過ぎると臭わなくなることがあります。

 

  • 汗腺が一時的に活発化しただけだった
  • ホルモンバランスの乱れが早期に解決した
  • 免疫力の低下による菌の繁殖が原因

 

このような場合、授乳期が終わる頃にはワキガ臭も消えているはずです。

 

一時的に汗腺が活発化しただけなら時間とともに汗腺の働きも衰えていくため、数ヶ月〜1年ぐらいで元に戻ります。目安は授乳期です。元に戻る人の多くは授乳期を堺にだんだん臭いが弱くなっていきます。

 

また、出産直後は免疫力が低下するため、菌が繁殖しやすくなります。肌に住み着く常在菌はアポクリン汗を分解して臭いを発生させる張本人なので、その菌の数が増えればそれだけ臭いは強くなります。

 

ただしこの場合も、免疫力が元に戻ると共に臭いも減っていきます。

 

元に戻らないケース

  • 体質が大きく変化し汗腺が発達してしまった
  • 食生活の乱れで汗腺が発達してしまった

 

汗腺が活発化するだけでなく、発達して大きくなってしまった場合、元に戻るとは考えにくいです。

 

ワキガは思春期の体の発達と共にアポクリン汗腺が発達して起こるのですが、人によってはアポクリン汗腺が発達しないこともあります。

 

そういう人の場合、妊娠や出産による体の変化が引き金となり、汗腺が発達してしまうんですね。

 

また、妊娠や出産は食の好みが大きく変わるため、暴飲暴食に走りやすくなります。乳製品や肉などのタンパク質や脂質が多くなると、アポクリン汗腺が刺激されて発達し、元に戻らないワキガになってしまいます。

 

元に戻るかどうかは授乳期を終えてみないとわからない

元に戻るタイプのワキガかどうかはある程度様子を見ないと分かりません。医師に相談しても、はっきりとした回答は得られないはずです。

 

なので、ある程度の時間はワキガのまま過ごす必要があります。治るかどうかドキドキしながら生活しないといけないので辛いと思いますが、あまり考えないようにしたほうが良いです。

 

ワキガは気にすればするほど臭いが強くなる傾向にあるので、できるかぎり自然に生活するのが理想です。

 

  • 早く眠らなきゃと思うと余計に眠れなくなる
  • 汗をかかないように意識するとどんどん汗が出てくる
  • トイレに行きたくなったらどうしようと思えば思うほどトイレに行きたくなる

 

このような経験はありませんか?考えれば考えるほど悪化するこの現象は、誰もが1度は経験したことがあると思います。

 

ワキガも同じで、誰かに臭いがバレたらどうしようとか、臭いが出ないようにしなきゃなどと考えると、どんどん悪い方向に進んでしまいます。

 

  • 脇に意識を集中すると脇汗が増えて臭いが強くなる
  • 考えすぎるストレスで汗腺が刺激されて発達する

 

ワキガを気にし過ぎると脇汗の量が増えて臭いが余計に強くなってしまいます。脇の臭いがバレてないかな?と警戒すればするほど脇汗の量が増え、余計に悩みの種が増えてしまうんですね。

 

考え過ぎないためにも、効果的なデオドラントが有効

ワキガを気にせず生活できれば汗腺の発達も最小限に抑えられますし、人によっては元に戻ることもあります。そのためには、ワキガを気にしない環境づくりが必要不可欠です。

 

  • 会った人にクサイと思われていないかな?
  • 他の人にワキガだと思われてないかな?
  • 旦那さんに嫌われないかな?

 

こういった他人からの目線が気になって悩んでしまうんですよね。ですから、他の人にワキガがばれないように、しっかりとしたデオドラント選びが重要なんです。

 

臭いが絶対に漏れないわきが用クリームがあれば、悩むことはありませんよね。塗り直しの必要がないほど持続力が高く、脇汗を抑制できるわきが用クリームを使えば普段通りに生活できると思いませんか?

 

産後のワキガは子育てにも影響しますし、ワキガを放っておくとご近所付き合いも悪くなります。ワキガの臭いは我慢できるようなものではないので、そのままにしておくと旦那さんにも迷惑がかかりますし、夫婦トラブルの原因にもなります。

 

そうならないように、まずはデオドラントをちゃんと使うようにしましょう。市販のものは効果が薄いので、ワキガ用のしっかりしたものを購入したほうがいいと思います。

 

⇒市販と通販のワキガ用クリームには大きな違いがある

 

授乳期を終えるぐらいまではデオドラントを使ってワキガ臭を防ぐようにしましょう。途中でワキガ臭が気にならなくなればもうデオドラントは使わなくてOKです。

 

⇒産後のワキガにも効果があるデオドラントクリーム「ノアンデ」を使ってみました!