ワキガを強くする酒とタバコ

お酒やタバコはワキガを強めるものの代表例です。ワキガを強くする食べ物と弱くする食べ物では辛いものや香りの強いものを挙げていますが、タバコや酒も同じく体臭が強くなります。

 

タバコに関しては今すぐにやめたほうがいいです。よく、百害あって一利なしと言われますが、ワキガの観点からみてもその通りです。

 

普通の人でもタバコを吸うと体臭が強くなりますが、これはワキガも同じで、臭いが強くなる原因になります。

 

タバコがワキガを強める

タバコは体臭が強くなる原因になります。これは普通の人も同じで、ワキガの人に限ったことではありません。

 

タバコを吸うと、タバコのニオイ成分が血液中に溶け出し、汗となって分泌されます。タバコを吸えば吸うほどニオイ成分は濃くなるので、それだけ体臭はキツくなりますよね。

 

ニコチンが汗腺を刺激する

タバコに含まれるニコチンが中枢神経を刺激するのですが、そこにある体温調節機能も刺激されるため、不要な汗が出るようになってしまいます。

 

普通の汗は体温を下げるために分泌されますが、ニコチンによって分泌される汗は意味がない汗です。つまり、暑くないのに汗をかいてしまうんですね。するとどんどん体温が下がってしまい、代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなると、普段の汗が質の悪いものになってしまいます。ベタベタしていて粘っこい汗ですね。質の悪い汗にはニオイの元となる物質がたくさん含まれているので、ワキガ臭は当然悪化します。

 

また、タバコを吸うと汗の量も増えます。汗腺が刺激されるので、質の悪い臭い汗がたくさん分泌されるんですね。これを防ぐには、タバコをやめ、汗腺トレーニングを行うしかありません。

 

タバコを吸う人と吸わない人とではデオドラントクリームの効き目にも違いがあります。たばこを吸わない人のほうが、少量のデオドラントで長時間持続します。

 

アルコールがワキガに与える影響

アルコールのニオイは皆さんも御存知のとおりだと思います。お酒を飲むと体臭がものすごく酒臭くなりますよね。

 

アルコールはニオイ成分の塊で、体に入れるだけで体臭が強なります。タバコと同じように、消化しきれなかったアルコールは汗として分泌されるため、体臭がものすごく強くなります。

 

アルコールも汗腺を刺激する

タバコのニコチンと同じくアルコールも汗腺を刺激します。特にアルコールの場合は、摂取してすぐに発汗量を上昇させるはたらきがあるので、できるだけ飲まないほうがいいです。

 

汗腺が刺激されて分泌されるのはエクリン汗だけでなく、アポクリン汗も分泌されます。なので、ワキガの人がアルコールを摂取すると、急激にニオイが強くなるので注意しましょう。

 

できればお酒を飲む前に1度デオドラントを塗り直したほうがいいと思います。汗の量が増えるとデオドラントクリームが流れてしまい、ワキガのニオイが漏れでてしまうかもしれないので、事前に対策しておいたほうがいいです。

 

アルコールが体臭を弱くするケース

アルコールはストレス発散効果があるので、タバコのように今すぐやめる必要はありません。たしなむ程度なら逆にストレスが解消されるので、ワキガにとっては良い影響を与えます。

 

⇒ストレスを解消するとワキガ臭も大幅に軽減する

 

ストレスが軽減すると、体臭が強くなるのを防いでくれるだけでなく、不必要な汗が減ったり、ワキガ臭の低下に繋がるので、お酒がストレス発散になっているなら無理してやめる必要はありません。

 

ただし、飲み過ぎると体臭が強くなることは事実なので、飲むとしても少量にしましょう。

 

少量なら体臭に影響がない

お酒は飲み過ぎると悪影響ですが、少しだけなら体にとっては良いものです。

 

ストレスや不規則な生活、喫煙、アルコールの摂取などを行うと、活性酸素が発生します。活性酸素は体を酸化させる働きがあり、体臭もこの活性酸素によって起こされてしまいます。

 

この活性酸素を抑えるのが抗酸化作用です。

 

少量のお酒なら活性酸素の発生が少ないので、抗酸化作用が体臭を防いでくれるんですね。

 

抗酸化作用のある食べ物

お酒をたくさん飲むようなときは、抗酸化作用のあるものを食べることである程度は体臭を減らすことができます。

 

⇒ワキガを抑える食べ物はある?

 

抗酸化作用のある食べ物で一番のおすすめはバナナですが、居酒屋でバナナを食べるのは難しいと思うので、少し効果は低くなってしまいますが、キャベツやピーマンがおすすめです。これなら居酒屋でも食べられると思います。

 

喫煙も活性酸素が発生するので、バナナなどの抗酸化作用があるものと一緒に食べるとある程度は体臭が抑えられるので覚えておくといいでしょう。

 

活性酸素は脂っこいニオイを強くするので、ワキガ特有のニオイに強く影響します。日頃から抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取すると、ワキガ臭を弱くできるので、朝バナナなどもおすすめです。