ワキガだから海やプールに行けません

ワキガを気にするようになってからプールや海に行くのが怖くなり、友人に誘われても断ってしまいます。普通の人と同じように遊びたいのですが、水の中に入ったら制汗剤は落ちてしまいますし、デオドラントクリームも持続しないと思います。

 

今までに薬局で売っているデオドラントをいくつも試してみたのですが、やっぱり効果は薄いし、途中で臭ってきてしまいます。夏場はなるべく脇を出さないようにして、朝は必ずシャワーを浴び、デオドラントクリームを塗っています。

 

それでも汗をかくと臭ってしまうので、上半身を露出するプールや海は本当に恐怖です。

 

ワキガの人に質問したいのですが、プールや海に行くときはどうしていますか?温泉なども行きづらいのですが、なにか良い方法はありますか?

 

 

気にせず入っても大丈夫です!

プールや海に行きたいと思っていても、臭ったら嫌だなぁと悩んでしまう人は多いようですね。

 

結論から言うと、プールや海ではワキガの心配をしなくてもOKです。その理由をいくつかに分けて解説します。

 

  • 水で汗が流される
  • プールの塩素はワキガの味方
  • 裸だからこそ臭いにくい

 

水で汗が流される

プールや海は汗をかきますが、水の中に入れば汗は流れてしまうので、ほとんど臭いません。

 

また、暑さや運動で出る汗は良い汗なので、臭いもあまり強くないんです。緊張した時に出る汗とはまた違う汗ですよね。サラサラしていて流れるような汗は普通の人と同じ汗なので、ほとんど臭いません。

 

ワキガが臭っちゃったらどうしよう・・・という風に心配すればするほど臭い汗が出てしまうので、気にせず楽しみましょう。

 

プールの塩素はワキガの味方

消毒のためにプールに塩素をいれますが、この塩素は殺菌作用があるので、脇の常在菌の数が減って臭いが発生しにくいです。

 

一般的にワキガは臭い汗が出ると言われていますよね。これは間違ってはいないのですが、実は汗単体では臭いません。肌に住み着く細菌が汗の成分を分解し、臭くなるんです。

 

塩素はデオドラントクリームと同じように殺菌作用があるので、脇の常在菌を減らし、臭いが発生しない環境を作ってくれます。

 

なぜ臭ってしまうのかということについては、わきがの臭いのメカニズム!ここから分かる対策のヒントでさらに詳しく解説しています。

 

プールから上がったら臭ってしまいそうですが、塩素は肌に残るので、洗い流すまでは臭いにくいので大丈夫です。大量に汗をかくと流れてしまいますが、普通にしていれば大丈夫だと思います。

 

裸だからこそ臭いにくい

プールや海って肌をたくさん露出するので、臭いが漏れたらどうしようって心配になりますよね。しかし、実は服を着ないほうが臭いにくいんです。

 

ワキガって脇が臭っていると感じますが、実は一番クサイのは服なんです。

 

服の脇の部分に汗と細菌が吸収され、そこでワキガ臭が強くなっていくことが多いので、服を脱いでしまったほうがバレにくいです。

 

上記3点の理由から、プールや海はあまり怖がらずに行っても大丈夫です。普段からケアがしっかりできている人なら、海やプールで臭いがバレることはほとんど無いと思います。

 

注意すること

とは言いつつも、何もしなくても大丈夫か?というとそうではありません。完全に放ったらかしだと臭ってしまう可能性があるので、ケアはしっかり行いましょう。

 

プールや海から上がったら、すぐに着替えてデオドラントクリームを塗りましょう。トイレに行くフリでもして、ささっと塗っちゃえばOKです。スプレータイプは手軽ですが効き目が薄いので、クリームタイプにしましょう。

 

ジェルタイプもありますが、ジェルもあまり持続しません。クリームは肌への吸着力が良いので、ワキガを気にせず過ごすならクリームタイプ一択です。

 

汗に強いデオドラントを使おう

水や汗に強いワキガ用クリームなら暑くても安心できますよね。プールや海は汗をかく場所なので、汗に強いものを選びましょう。

 

私が使っているデオドラントクリームは他製品よりも汗に強いので、夏場は絶対に欠かせません。おすすめです。

 

⇒私が使っている水に強いデオドラントクリームのレビュー