ワキガ臭の種類

わきがの臭いにはいろいろな種類があります。ワキガは自分ではなかなか気付けないのですが、人それぞれ臭いが微妙に違うため、他人の臭いには気付くことができます。

 

ワキガというと、ほとんどの人が「ツンとした刺激臭」を思い浮かべると思います。酸っぱい感じの臭いですね。

 

しかし、実はワキガには酸っぱい系の臭い以外にも、鉛筆の芯のような臭いや、カレーのような臭いを発することもあるんです。

 

臭いの種類

  • 玉ねぎ
  • 鉛筆の芯
  • カレー
  • すっぱい
  • 生乾き・雑巾臭
  • チーズのような発酵臭

 

玉ねぎ

玉ねぎや長ネギなどのネギっぽい臭いです。人によってはタマネギと全く同じ臭いがすることもあります。

 

以前わきがの友人の家にお邪魔した時、本人はデオドラントで対策しているので臭いませんでしたが、部屋がものすごい玉ねぎ臭かったのを覚えています。

 

部屋のどこかで大量の玉ねぎを保存しているような感じの臭いでびっくりしました。

 

鉛筆の芯

鉛筆の芯のような臭いは、ワキガの中でも軽度〜中度の人に多い印象があります。

 

脇を手で強くこすってみて、鉛筆の芯を濃くしたような臭いがあればワキガかもしれませんね。ただ、そこまで不快な臭いではないことが多く、手術やデオドラントが必要ないこともあります。

 

このように、ワキガ臭はいくつものタイプに分かれています。特に多いのはタマネギ、鉛筆の芯、雑巾臭ですね。チーズのような発酵臭も割と多い気がします。

 

カレー

カレーのような臭いというよりも、スパイスのようなピリっとした臭いという感じです。ハーブを大量に集めたような臭いと例えられることもあります。

 

以前人から聞いたとき、「ワキガはカレーみたいな臭いがするけど完成したカレーというよりもカレー粉っぽい」と言っていました。まさにそんな感じです。

 

すっぱい

すっぱい臭いはワキガの代表的な臭いですよね。どんな臭い?と聞くと、ほとんどの人が酸っぱい臭いといいます。

 

ワキガ臭はいろいろな種類がありますが、酸っぱい臭いは別格だと思います。他の匂いに混ざり合うことも多く、鉛筆の芯+酸っぱいニオイ、カレー+酸っぱい臭いというように、他のニオイと混ざり合うことが非常に多いです。

 

チーズのような発酵臭

チーズ臭さは湿度が関係していると思います。汗ばんで脇がジットリと湿り、熱が篭ることでチーズ臭さになるようです。

 

もともとワキガ臭というのは皮脂や塩分などが細菌に分解されることで発生するニオイなので、ワキガの人は必ずと言っていいほど発酵したようなニオイになります。

 

腐った玉ねぎのようなニオイと言われることがあるのはこのためです。雑巾臭や生乾きのニオイも、発酵臭が少し変化したようなニオイです。

 

同じニオイでも強さは違う

上で挙げた例以外にもニオイはありますが、あくまでも一例でしかありません。羊肉のようなニオイや脂っこいニオイを発生する人もいますし、他のニオイと混ざることもあります。

 

また、全く同じニオイでも、人によってアポクリン汗腺の量が違うので、ニオイの強さにも違いがあります。

 

ワキガ臭は食べるものによって変化します。乳製品ばかり食べると発酵臭が強くなったり、脂っこいものを食べると体臭が全体的に強くなったりします。