ワキガは低年齢化している

最近は小さなお子さんなのにワキガになるケースが増えています。一般的には思春期頃からアポクリン汗腺が活発化し、ワキガ臭が発生します。

 

しかし、食の欧米化によって子供の頃から脂っこいものや肉などのタンパク質を多く摂るようになると、早い段階でワキガ臭が発生するようになります。野菜を食べず、ジャンクフードを食べると、汗腺が刺激されて活発化してしまうんですね。

 

また、体の成長が昔に比べて早くなっているのも原因の一つです。

 

昔は中学生〜高校生頃に体に変化が現れる事が多かったですが、最近は小学校低学年から体に変化が起こる子も増えています。成長が早い子は、ワキガの原因であるアポクリン汗腺の発達も早くなってしまうんです。

 

子供のワキガ対策

  • 手術の必要性
  • デオドラントを使う
  • 食生活を見直す

 

手術の必要性

成長が早いとはいえ、小学生ぐらいの場合、まだまだ体が成長していくことが考えられます。その過程でさらにニオイが強くなったり、そのままのニオイをキープすることもあります。

 

この時点で手術を検討する人もいますが、小学生で手術をするのはリスクもありますし、これから体臭にも変化が現れてくるので、この時点で決断してしまうのは早すぎると思います。

 

手術をすればすぐにニオイが消えると思っている人も多いみたいですが、実は手術で臭いが消えない事もあったり、傷跡代償性発汗などのリスクもあるので、個人的にはあまりおすすめできません。

 

⇒わきが手術は超危険!?知られざるデメリットとは

 

デオドラントクリームを使う

まずは成長期のピークである中学生ぐらいまでは様子を見たほうがいいと思います。すでに体臭が強くなっている場合、学校でのいじめに繋がる危険性もあるので、ワキガ用クリームを使ってあげてください。

 

わきが用クリームは種類が色々ありますが、小学生だと自分でクリームを塗り直すことができないので、持続力が高いものを選んであげましょう。

 

⇒わきが用デオドラントの選び方

 

お子さんがワキガになっているということは、ご両親のどちらか、もしくは両方ともワキガだと思います。デオドラント等を使って予防されている場合はそれをお子さんにも使ってあげればOKです。

 

また、デオドラントクリーム以外にも、服に吹き付けるだけで臭いが予防できるスプレーなども売られているので、それもあわせて使うとさらに効果的です。

 

食生活を見直す

子供は食事を自分の好きなものにすることができません。なので、親御さんが率先してワキガ臭が弱くなる料理に切り替えてあげてください。

 

肉や乳製品、脂っこいものをなるべく減らして、野菜中心の生活にしましょう。即効性はありませんが、少しずつ効果は現れるはずなので、毎日コツコツ続けてみてください。

 

特に海藻は効果抜群です。モズクやメカブなどのネバネバ系は体臭予防に大きな効果があるので、毎日食べたいところです。

 

成長期はとにかく米・パン・肉をガッツリ食べる傾向にありますが、この食生活は体臭を強くする原因になってしまうので、できるだけ避けたほうがいいです。

 

しかし、食べたいものが食べられないストレスはさらにワキガを強くしてしまうので、急に全てを禁止にしてしまうのではなく、適度なバランスで食べさせるようにしてあげてください。

 

ワキガはいじめに繋がる

体臭はイジメの対象になります。学校生活では狭い空間で色んな人と生活するわけですから、ワキガ臭を予防しないとすぐにイジメの的になってしまいます。

 

自分の子供は平気・・・と思っているかもしれませんが、実は子供が黙っているだけで学校ではイジメられているかもしれませんし、イジメとはいかないまでも裏でコソコソ噂されているかもしれません。

 

また、ワキガは自分ではどうしようもないのが怖いところで、本人の心に深く傷を作ってしまいます。

 

例えば、身長が低い、目が細い、出っ歯といった体の特徴は、他人には影響しませんよね。しかし、臭いは他人に影響してしまうのです。そのため、本人が取れる解決といえば「自分がその場から消えること」しかないんです。

 

「お前臭いよ」と言われたら、その場で何とかして対策できますか?できないですよね。その場から消えるしかないんです。そのため、臭いによるイジメは、不登校や引きこもりに発展しやすいんです。

 

ですから、ワキガ臭に気づいたらできるだけ早く対策してあげてください。臭いのイジメ対策は、デオドラントで隠すか、手術するしかありません。

 

手術しても多汗症になる可能性がありますし、他の部位の臭いが強くなってしまう危険性もあるので、まずはデオドラントで安心して学校生活を送れるようにしてあげてください。

 

⇒今すぐに試してほしいワキガ用デオドラント

 

手術は大人になってから自分の意思で受ける、もしくはデオドラントでは対策しきれなくなってから考えても遅くないと思います。私は小学生の頃からワキガでしたが、イジメられたり、友達にワキガがバレたことはありません。

 

それは、親がワキガをちゃんと理解してくれている人で、デオドラントを欠かさず使ってくれたからです。親がしっかりしていれば、子供もいじめられることはないので、まずはちゃんとお子さんと向き合ってあげてください。