健康保険が使えるわきが手術

ワキガ治療は、条件が合えば健康を保険が使えます。保険適用になれば3割負担で済むので経済的には助かりますよね。

 

保険が適用できるかどうか?については3つの条件がありますので、治療費をできるだけ安くしたい人はよく読んでおいてください。

 

保険適用の条件・基準

  • クリニックが保険診療を行なっている
  • 患者のワキガが中度〜重度
  • 剪除法での手術

 

保険診療を行なっているクリニックか?

まず大前提として、医療機関が保険診療を行なっている必要があります。ワキガ治療の場合、完全に自由診療のクリニックも多いのでなかなか見つからないかもしれません。

 

ワキガ治療の第一人者である五味先生の五味クリニックも完全自由診療になっています。これについてはHPで理由を答えてくれています

 

理由はクリニックによって様々ですが、五味クリニックの場合は、一人ひとり丁寧に治療をすることや、先生の年齢のこと、病院の維持の事を考え自由診療にしているそうです。

 

独自の治療法を取り入れているクリニックや、最新機器を導入しているクリニックでは保険診療を行なっていないことが多いので、探すのが大変かもしれません。

 

患者のワキガの度合い

クリニックが保険診療を行なっていても、患者のワキガの度合いが弱ければ治療させてもらえないこともあります。

 

実際に医師が患者のワキガの度合いを調べ、治療する必要があると認めた場合に保険が使えます。ニオイのレベルは一定の基準があるわけではないので、完全に医師の独断で決められることになります。

 

つまり、クリニックによって、保険適用の基準が異なるということです。とあるクリニックでは断られたのに、別のクリニックでは受けられるということもあり得るんですね。

 

ワキガの調べ方

ワキガの調べ方は色々ありますが、問診とガーゼチェックを行うところが多いです。

 

問診

問診についてはセルフチェックとほとんど同じで、家族にワキガ体質の人はいるか、シャツが黄ばむことはあるか、耳垢は湿っているかということを聞かれます。

 

その他にも、患者の悩みの深さを知るために、今までにワキガでどのような悩みやトラブルが合ったか、日常生活にどの程度の支障をきたしているかなどの質問をされることもあります。

 

ガーゼチェック

具体的なニオイの調べ方についてですが、ガーゼチェックを行うのが一般的です。数分間脇にガーゼを挟み、ワキガのニオイを医師がチェックします。

 

信憑性を高めるために、複数の医師にチェックしてもらうこともあります。自己臭症の場合、「嘘をついているのではないか」と疑われてしまうので、複数の人にチェックさせることで、自己臭症対策を行います。

 

ワキガ治療のHPに「受診の際にはデオドラントクリームなどを塗らずに来てください」と書かれていることがありますが、これはチェックの時にニオイが分からなくなってしまうからです。

 

ただ、そうなると病院までの道のりで周りの人に迷惑をかけてしまうので、当日は自転車や車で行くのがいいかもしれません。クリニックによってはそういった事情を考慮し、普段着用しているシャツを洗濯せずに持参してもらい、ニオイをチェックすることもあるようです。

 

手術法は剪除法

今のところ、健康保険が使える手術は剪除法のみです。剪除法はワキガに対して一定の効果があると認められているため、保険診療が可能です。

 

それ以外の手術では保険を使うことができませんので、全額負担しなければなりません。剪除法の場合、保険を使えば両脇で5万円〜10万円ですが、それ以外の手術法となると、25万円〜30万円以上になってしまいます。

 

剪除法は確かに効果的な手術法ではありますが、様々なデメリットもありますので、よく考えてから選ぶようにしましょう。

 

⇒剪除法のメリットとデメリット