彼氏がワキガだった・・・!どうやって対処すればいい?

付き合っている彼氏がワキガだと分かった時、どうしたらいいのか迷ってしまうものです。

 

本人のために言ったほうがいいのか、それとも黙って我慢している方が良いのか…。

 

私のところにも、彼氏さんや彼女さんのワキガで悩んでいるという相談がよく来ます。

 

  • 腕枕をしてもらった時に気付いた
  • 洗濯物を洗う時にプーンと臭って気付いた
  • 夏に汗臭さとは違う臭いを感じた

 

こういった場面で気付くことが多いようですね。

 

私は相談が来るたびに、「ちゃんと伝えてあげてください」とお返事するようにしています。

 

なぜ伝えたほうが良いのか?

  • ワキガが原因で別れるかもしれない
  • 彼氏が損をする可能性が高い
  • あなたも彼氏も良い関係になる

 

ワキガが原因で別れるかもしれない

相談してくださった方の中には、本人に言わないで我慢する方も多いようです。「我慢して1年付き合いました…。」というような方もいました。

 

私の経験上、片方が我慢するような付き合いは長続きしにくいです。私の周りにも「ニオイ」が原因で別れた人がたくさんいました。

 

加齢臭がキツい、口臭が耐えられない、という理由で別れたり、挙げ句の果てには離婚した人もいました。

 

ニオイは目に見えないのにとても不快にさせてくるものです。他の部分ではカバーできないんですよね。

 

例えば、見た目が好みじゃなくても、性格が自分にピッタリなら好きになれますし、見た目なんて気にならなくなります。

 

でも、ニオイはどうでしょうか。性格が良くて顔が良い!でもワキガで体臭がキツイ…。となると、見た目や性格ではカバーできませんよね。自然に臭ってきてしまうので、気にしないわけにはいきません。

 

臭いを我慢するというのは精神的なストレスも大きく、最初は我慢出来ても、段々嫌になってくるものです。好きだったはずの彼氏のことが大嫌いになってしまうかもしれません。

 

ですから、あなたが気になったら、すぐにしっかりと伝えるべきです。

 

彼氏が損をする可能性が高い

彼氏との関係だけでなく、ワキガによって彼氏自身が損をする可能性もあります。

 

学校や職場で陰口を言われているかもしれませんし、今後何か言われてしまう可能性もありますよね。

 

友達や両親に彼氏を紹介する時、「彼氏臭くない?」と思われてしまうのは嫌ではないですか?

 

考えだしたらキリがないですが、ワキガを放っておいて良いことは絶対にありません。彼氏が損をするか、周りの人が不快になるだけです。

 

好きな人が周りの人から嫌われるのを防ぐためにも、伝えてあげて欲しいです。

 

彼氏との関係が良くなるかも!?

ワキガを伝えることで、彼氏との関係が良くなるかもしれません。

 

彼氏にワキガを伝え、初めて自分がワキガだと分かった時はかなりショックを受けるはずです。その時に、あなたが受け皿となって悩みを共有してあげてほしいのです。

 

そうすることで、彼氏の悩みも軽くなりますし、気軽にあなたに相談できます。私も同じで、「今日、脇の臭い大丈夫?」と旦那に相談できるので、大きな心の支えになっています。

 

ワキガの人は、「今日臭ってないかな?大丈夫かな・・・?」と不安になってしまいます。それが原因で鬱になったり、自己臭症という精神病になることも多いのです。

 

⇒ワキガの人が陥りやすい自己臭症という病気

 

そうならないように、真剣に悩みを相談できる相手になってあげると、彼氏との関係もさらに良い物になると思います。

 

「今日は臭ってないよ!大丈夫!」

 

この一言だけで、彼氏さんはとても救われるはずですし、あなたのことをもっと好きになったり、頼ったりしてくれるはずです。

 

どうやって伝える?

どうやって伝えるかはとてもむずかしい問題です。伝え方は色々ありますが、やっぱりデリケートな話題なので、慎重に伝えるべきだと思います。

 

  • ワキガぐらいでは嫌いにならないことを伝える
  • たまに気になるということを伝える
  • 周りの人に嫌われてほしくないことを伝える

 

まずはこの3つが重要です。

 

「もしかしてワキガじゃない?私はワキガぐらいでは気にならないけど、たまに気になる時があるし、○○君がワキガでいろんな人に嫌われるのは私も辛い。」

 

このように伝えるのが良いと思います。彼氏も傷つきにくいですし、本気で彼氏のことを心配しているということを伝えてあげましょう。

 

どうやってニオイを対策してもらう?

ワキガを伝えたあとは、ニオイ対策をしてもらいましょう。ワキガは治療する方法と、デオドラントで防いでいく方法の2つがあります。

 

私は、まずはデオドラントで対策してもらい、全く効果がなければ治療する方法をおすすめしています。

 

ワキガ治療にはデメリットが多い

ワキガを手術で治すのは、あくまでも最終手段にしておくべきだと考えています。なぜなら、

 

  • 脇毛が生えてこなくなる
  • 仕事に支障が出る
  • 他の部分が臭くなったりする

 

のようなデメリットがあるからです。

 

⇒わきが手術は超危険!?知られざるデメリットとは

 

男性にとって脇毛は大事なポイントになります。わきが手術は汗腺を取り除く手術なのですが、毛根も一緒に取り除いてしまうのです。

 

手術後は脇毛の量が極端に減ったり、脇の中心部だけハゲたりします。

 

そのため、プールや海、温泉で裸になれなくなったという悩みを抱える人が多いです。

 

また、術後は肩を固定しなければならないので、仕事にも支障が出ます。力仕事はできませんし、運転も控えるように言われてしまいます。

 

それだけでなく、わきが手術をすることで他の部分のニオイが強くなることもあるのです。術後臭というのですが、脇の下のニオイが弱くなった代わりに、下半身のニオイや頭皮のニオイ、加齢臭が強くなってしまうこともあります。

 

この他にも、色々なデメリットが有りますので、手術は最後の最後までしないほうが良いです。まずは彼氏にデオドラントを使ってもらい、ニオイが消えればそのまま使い続けてもらいましょう。

 

デオドラントをプレゼントするのはアリ?

デオドラントをプレゼントするのはやりすぎでは?と思うかもしれませんが、男性からするとそうではないようです。

 

自分のことをしっかり考えてくれて嬉しいと感じるようですので、指摘した時デオドラントをプレゼントするのは良い方法です。

 

デオドラントの選び方についてですが、薬局などで売られているデオドラントはワキガには効果がないので、海外製のデオドラントや、わきが用に作られたデオドラントを選ぶようにしましょう。

 

海外の人は9割がワキガですので、ワキガに効果があるデオドラントしか売られていないのですが、日本人はワキガの人の数が少ないので、効果的なデオドラントがまだ出回っていないんです。

 

彼氏のワキガを本気でどうにかするのであれば、わきが用のデオドラントを教えてあげてください。

 

⇒わきが用デオドラントの人気ランキング