わきがかどうかをチェックしよう

体の中でも、脇という部分は体臭が強くなりやすい部位です。脇にはアポクリン汗腺が多く存在しているため、他の部位よりも汗のニオイが気になるんですね。

 

アポクリン汗腺(ワキガの原因汗を出す汗腺)=ワキガと思うかもしれませんが、実はアポクリン汗腺は誰にでも存在しています。ただ、そのひとつひとつの大きさが小さかったり、数が少なかったり、活動していないためにほとんど臭わないのです。

 

アポクリン汗腺の状態を調べるには、メスで切って実際に調べて貰う方法と、セルフチェックのふたつがあります。前者のメスを入れる方法を使う人はほとんどいません。なぜなら、アポクリン汗腺の発達度はセルフチェックでほとんど分かるからです。

 

メスは自臭症になってしまった人に使うことが多いです。実際に脇を切開し、アポクリン汗腺が無いことを自分の目で確かめ、自臭症を克服するんですね。普通の人は気にしなくてOKですので、自己診断していきましょう。

 

ワキガのセルフチェック方法

  • 耳垢が湿っている
  • 家族の誰かがワキガである
  • 洋服の脇の部分だけが黄ばむ(下着が黄ばむ)

 

上記のうち、どれかひとつでも当てはまればワキガ体質だといえます。

 

耳垢が湿っている

耳垢の湿り具合でわきがの強さが判断できます。

 

耳垢は、耳の中の皮が剥がれたりしたものの集まりですが、その中には皮脂やアポクリン汗腺からの分泌物もあります。耳垢が湿るということは、アポクリン汗腺からの分泌物が多いと判断できるので、わきが体質であると言えます。

 

また、耳垢の状態によってもワキガの強さを判断することができます。

 

  • 茶色く粘り気が強いキャラメルのような耳垢
  • 綿棒が黄色く湿る程度の耳垢

 

粘度が強くキャラメルのような耳垢だと強度のワキガだと判断できます。耳の中に指を入れると、耳垢が指に絡まるような感じで、耳垢を指で挟むと糸を引く場合もあります。

 

綿棒が軽く湿るぐらいなら、中度〜軽度のワキガの可能性が高いです。ほとんど臭わない人もいれば、強度と同じぐらい臭う場合もあります。イメージとしては、お風呂上がりに上記で湿ったような感じです。

 

ただ、耳垢の状態は日によって変わることが多いので、1度でもネットリとした耳垢を経験したことがある人は、重度である可能性が高いです。

 

私もワキガなので耳垢は湿っていますが、綿棒で耳掃除をするとしっとりした感じの耳垢なのに、耳に指を入れるとキャラメルのような耳垢が指に絡みます。私のように、条件によっても耳垢の状態は変わってくるので、綿棒だけでなく、指などでも確認してみてください。

 

このチェックは非常に信憑性が高いチェック法ですが、過去に中耳炎などで耳の手術をしたことがある場合、ワキガでなくても耳垢が湿る場合があるので注意してください。

 

私の知り合いのお子さんが中耳炎を患ったことがあるのですが、その時に耳垢が水みたいにダラダラ流れて大変でした。中耳炎になると、ワキガでなくても耳垢が湿る(耳から耳垢があふれる)ことがありますが、これはワキガとは関係ありません。

 

家族の誰かがワキガである

両親や兄弟がワキガだと、自分もワキガである可能性が高いです。

 

両親のどちらかがワキガの場合は50%、両親ともワキガの場合は80%の確率で遺伝します。

 

もし脇が臭わなくても、アポクリン汗腺の量や大きさが遺伝していて、ワキガ予備軍になっている可能性は十分に考えられます。ストレスや脂っこい食事を続けるとアポクリン汗腺が発達し、活発化してしまうので注意しましょう。

 

ワキガは優性遺伝のため、両親のどちらかがワキガだと遺伝する確率は50%ととても高いです。

 

それだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんから隔世遺伝することもありますので、それも加味すると、ワキガ家系に生まれてしまった場合、かなりの高確率でワキガになります。

 

⇒遺伝以外でワキガになることはほとんどない

 

服や下着の脇の部分が黄色くなる

服の脇の部分だけ黄ばむ場合、ワキガの可能性が非常に高いです。特に、黄ばみの境目がはっきりしている場合はほぼ確実にワキガです。

 

普通の人でも衣服が汗で黄ばんでしまうことはありますが、境目ははっきりしていませんし、黄ばみ方も軽いです。ワキガの黄ばみは、アポクリン汗腺から分泌される汗に含まれる色素が原因なので、黄ばみが脇に集中し、色がかなり濃いです。

 

スソワキガ(陰部のワキガ)の場合、下着のパンツが黄ばむこともありますし、チチガ(胸のワキガ)の場合、ブラジャーが黄ばむこともあります。

 

当てはまったら高確率でワキガ

以上のセルフチェックは信憑性が非常に高いです。医学的にも証明されているため、ひとつでも当てはまったらかなり高い確率でワキガでしょう。

 

ただ、チェックに当てはまっても実際には臭わないこともありますし、チェックに当てはまらなくても臭う場合もあります。

 

アポクリン汗腺には様々な特徴があり、人によってタイプが大きく異なります。

 

  • 汗腺は大きいのに、分泌物の量が少なく臭わない
  • 汗腺は小さいのに、分泌物の量が多く臭う

 

このように、汗腺の量や大きさが小さくても、分泌物の量が多くて臭う事もあれば、逆に汗腺が大きくても臭わないこともあります。

 

しかし、チェックに当てはまる場合はわきが体質であることは間違いないので、すでに臭いが気になる人もそうでない人も、臭いを弱くするための対策は行なったほうがいいと思います。

 

生活習慣の乱れやストレスなどで汗腺が刺激されるとワキガ臭が発生するようになるので、日頃からストレスを溜めずに規則正しい生活をしましょう。

 

とは言っても、思春期の体の変化妊娠・出産などで自然に汗腺が活発化してしまうことが多いので、予防するのはとても難しいのが現状です。

 

自分がワキガ体質だと分かったら、ある日突然ワキガになるという風に覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

よく、「今までワキガじゃなかったのに突然ワキガになった」という書き込みを見るのですが、これは元々ワキガ体質だったから起こっただけで、不思議な事ではありません。

 

ワキガになる資質は生まれた時から持っていて、それがある日突然活性化したということです。

 

⇒いきなりワキガになった!?ワキガって突然なるものなの?

 

将来ワキガになるかどうかのチェック

上記のワキガチェックに当てはまった場合、ワキガ体質を持っていることはほぼ確実です。

 

ですが、当てはまってもあまり臭わない方もいます。そういう方は、今現在は脇のアポクリン汗腺が発達していないだけで、何かがきっかけとなり、ワキガ臭が発生します。

 

アポクリン汗腺が活発化する条件は色々あります。

 

  • 脂っこいものをたくさん食べる
  • 野菜より肉をたくさん食べる
  • 刺激の強いものをたくさん食べる
  • 生活習慣が乱れている
  • ストレスが多い生活を送っている
  • 最近太ってきた

 

食べ物が原因でワキガになる

アポクリン汗腺は、肉を沢山食べたり、脂っこいもの、辛いものを食べることで刺激され、たくさん汗を出すようになります。

 

よく、肉ばかり食べる人は体臭がキツイといいますが、ワキガも同じです。野菜をあまり摂らず、炭水化物や肉ばかりの食生活を続けると、アポクリン汗腺が刺激され、臭いが強くなります。

 

生活習慣の乱れとストレス

生活習慣が乱れて寝る時間がバラバラになったり、仕事や学校でストレスが強くなると、汗腺が刺激されてアポクリン汗腺が発達し、わきが臭を放つようになります。

 

アポクリン汗腺は、体に何らかのストレスが掛かった時に活発に働く性質があります。アポクリン汗腺は元々フェロモンのような働きをしていたと考えられ、メスを惹きつけるときに使っていたと言われています。

 

その名残が残っていて、興奮した時や緊張した時、ビックリした時などにアポクリン汗腺が刺激されます。体にとって負担となることや、精神的に辛い状況にある時にも、同じようにワキガ臭を発します。(アドレナリンの作用)

 

また、太るような生活もわきが臭を強くする原因です。あまり動かない、ストレスの反動でたくさん食べるといった行為は肥満を招きます。

 

太ることとワキガは関係ないという人もいますが、太るということは生活習慣が乱れていたり、ストレスが掛かっている証拠です。太ることで皮下脂肪や内臓脂肪が増え、汗もかきやすくなりますので、汗腺が刺激されやすい状況であることは間違いありません。

 

⇒ワキガを弱くする生活改善

 

病院でチェックしてもらうこともできる

ワキガかどうかの確信が持てないという場合は、病院でワキガのチェックをしてもらうことも可能です。ただし、お金もかかりますし、手術を前提に考えている場合に限りますので、気軽に受けられるものではありません。

 

ちなみに、私は昔、病院でワキガのチェックをしてもらったことがあります。「すぐに手術をしたほうがいいですよ。」と言われるほどの重度のワキガだったそうです。分かってはいましたが、やっぱりか〜。という気持ちでした。

 

病院でのチェックは、耳垢、脇の汗チェック、問診でした。

 

綿棒で耳垢がネバネバしていないかチェックしたり、脇汗が臭うかどうか、コットンを脇に挟んでチェックしました。問診では、「いつ頃から臭いが気になりますか?」「毎日どういう時に臭いが気になりますか?」など、ざっくりとした質問をされましたね。

 

その時に、「やっぱり病院でチェックしないとワキガってわかりませんか?子供を産んだ時に心配なので・・・。」と質問してみたら、「自分でチェックすれば99%判別可能ですよ。」と言われました。その時言われたのは、

 

  • 脇が臭い
  • 耳垢が湿っているか、ベタベタしたり、ネバネバしているか
  • 服を洗わずに2日ぐらい置いて、強く黄ばむかどうか
  • 体操服の脇の部分に黒いブツブツのカビができるかどうか
  • 親がワキガかどうか

 

が判断基準になるとのこと。特に、親のワキガと耳垢の湿り具合はかなり大きなポイントになるそうで、この2つが当てはまったらほぼ100%ワキガとみて間違いないそうです。

 

「あなたがワキガなので、お子さんがワキガになる可能性は半々です。耳垢が湿っていたら、将来ワキガになる可能性はほぼ100%。その時には、ちゃんとデオドラントを使ってあげてくださいね。分かっているとは思いますが、イジメられたりするので・・・。」

 

とアドバイスされました。

 

もし、自分がワキガだということに確信が持てない場合、まずは他の人にも聞いてみるのが良いです。友達に聞くのはまず無理でしょうから、両親に聞いてみるのが一番良いです。

 

どうしようもない場合もある

太るのと同じように、体の様々な変化によって、アポクリン汗腺が刺激されることがあります。一番多いのが、思春期の体の成長、妊娠・出産、更年期です。

 

生きていればいつか起きてしまうことによってアポクリン汗腺が刺激されて、ワキガになることもあるのです。こればかりはどうしようもありません。私は中学生の頃、体の成長とともにワキガになりました。

 

分かっていても防げないことなので、そういう体質なんだと割り切るしかありません。ワキガのチェックに引っかかってしまい、とてもショックを受けていることだと思いますが、かなり重度のワキガの私でもここまで生きてこられたので、あまり考え過ぎないようにして欲しいです。

 

これからはワキガを隠して過ごしていくことになりますが、方法は2つあり、デオドラントを使うか、手術をするかになります。

 

臭いが出る前にアポクリン汗腺を取り除く手術を行う人もいますが、あまりおすすめできません。

 

⇒わきが手術は超危険!?知られざるデメリットとは

 

手術は、デオドラントでも対策できないレベルのワキガになったら検討しましょう。1度手術してしまうと元には戻せないので、まずはデオドラントで臭い対策をするのが一般的です。

 

私の身内にもワキガの手術を受けた人がいますが、引きつりや大きな傷跡、手のしびれといった後遺症が残りました。私はそれを聞いて怖くなり、手術を直前で中止しました。

 

今はワキガに有効なデオドラントが売られていて、1日中塗りなおさなくてもOKなほど効果的なものがあります。こういったデオドラントを選べば、手術をしなくても普通の人と同じように過ごすことができますし、ワキガに悩むこともありません。

 

実際に私は「すぐに手術しましょう」と言われるほど重度のワキガでしたが、あれから数十年、デオドラントクリームだけでここまで生活してこられました。無理に手術をするのではなく、本当にどうしようも無くなった時に手術を選択するのが良いと思いますよ。

 

⇒私が使っているワキガ用クリームのレビュー